3点リーダを使わない。。。
ひギツネ

ネット銀行の魅力とおススメの銀行を猛プッシュ!

2019年11月14日
雑記 0

ひギツネです、どうも。


ネット銀行、使っているでしょうか??

僕は社会人になっで3~4年が過ぎたころに口座をつくって利用し始めました。いまではなくてはならない存在です。

ネット銀行を使う理由のキーワードは「節約」。
お金だけでなく時間も節約できますよ!



特徴


実店舗をほとんどもたず、インターネットでサービスを提供していることが最大の特徴です。
大半の手続きがインターネットで完結できます。
また、店舗がないので現金の引き出しは提携している銀行ATM、コンビニATMになります。


メリット

口座開設、振込をするのに銀行に行かなくていいです。口座開設はネットから。
本人確認書類も写真のファイルをアップロードすることで提出できます。
また、振込はスマホでできます。窓口やATMに行く必要はありません。


現金が必要なときは提携しているコンビニATMでおろせます。
銀行よりも店舗数も多く、空いてる時間も長いため、より便利に使えます。

また、ATM手数料や振込手数料が一定回数無料になるところが多いのでお財布にも優しいです。
大手銀行で時間外にお金を下ろす場合は100円/回がかかります。
こういった手数料は金額はあまり大きくないですが、 100円を預金の金利で得ようとすると、普通預金口座に100万円を10年近く預けておいてやっとです。
預金金利、低すぎっ。


最後に、普通預金利率を通常の口座より高くすることができます。

おススメ銀行のところでも触れますが、通常0.001%のところ0.01%や0.1%にすることができます。
証券口座をつくる必要があるため手間はかかりますが、やっておいて損はありません。


デメリット

不正送金などがよく発生しているイメージがあります。
不正送金とは、知らないあいだに知らない口座へ振込が行われていたりすることです。


インターネット銀行でこういった不正送金が多く発生しているのは事実です。
が、そのリスクがどこにあるかというと以下の勘違いがあると思います。

  • × 不正送金はインターネット銀行で発生している
  • 〇 不正送金はインターネットバンキングで発生している

補足します。

インターネットバンキングとは、インターネットをとおしてアプリやwebサイトなどで、

  •  残高確認
  •  振替、振込
  •  金融商品の購入(株など有価証券、宝くじ、ロト6など)
  •  契約者情報の変更

などができるサービスのことです。

これは、ネット銀行に限らずメガバンクや地方銀行、ゆうちょ銀行も行っているサービスです。

インターネット銀行はインターネットバンキングがサービスの標準なので、不正送金などの発生率はそれ以外の銀行よりも確かに高いかもしれません。

しかし、ネット銀行以外でもインターネットバンキングのサービスを利用している人は、不正送金の被害に遭う可能性はネット銀行の利用者と変わらない、ということになります。
ネット銀行がインターネットバンキングによりサービスを提供しており、その他の方法で各種サービスを利用できる従来型の銀行よりリスクが高い、というのは確かですが適切に対策することでそのリスクは充分に下げられます。

このへんのことはまた別記事で説明したいと思います。



おすすめのネット銀行


ここからはおすすめのネット銀行を紹介します。

僕も利用している2つの銀行で、それぞれのメリットからの使い分けも書いておきます。
参考にしてください。


住信SBIネット銀行

ネット銀行といえばまずはココ!

特におすすめのポイントは以下の2点です。
ATM手数料、口座振替手数料の無料回数が多い
金融業専門でサービスが先進的

1つずつみていきましょう。


■ATM手数料、口座振替手数料の無料回数が多い

銀行のサービスをどれだけ利用しているかで決まるランクによりかなり変動しますが、比較的多めです。


また、新規口座作成してから6ヶ月間はランク2以上が確定になります。これだけで、ATMが5回/月、振込が3回/月無料になります。

ランクごとの無料回数を詳しく知りたい方は、公式のHPへ。

ここをメインバンクにしてからATM手数料を取られたことがありません。


■金融業専門でサービスが先進的

セキュリティ対策のためのアプリを無料で提供、利用者の要望でサービスを改善して毎月報告など、先進的な取り組みをおこなっています。

おそらくですが、金融業が専門できちんと事業をしようとしているためだと思います。

銀行は一度使い始めるとたびたび変えるものでもないため、この点は意外と大きなポイントだと思ってます。


僕の場合は、上記2つの押しポイントから普段使うメインバンクとして利用しています。


楽天銀行

そして、次はここ!

普通預金の利率をメガバンクの100倍にできることがいちばんのおすすめポイントです。100倍になれば、100万円を1年間口座に預けて1000円の利息が手に入ります。
それでもわずかですが。


ただしこれをするには銀行口座だけでなく、証券口座をつくって手続きが必要となります。

また、サービス面においても業界の最先端で、先に紹介した住信SBIネット銀行と競っているような状況です。

楽天市場での買い物でポイントアップにつながるのも、よく使う人には大きな魅力ではないでしょうか?


ただ、1つ気になる点があります。

楽天銀行と楽天証券のあいだでの、自動振替サービスと積立てNISAを使った有名な楽天ポイント獲得方法があったのですが、大きく改悪されてしまいました。

僕はこの方法を利用していなかったのですが、その理由が「続かなさそうなサービスだなぁ」と感じたからで、その不安が的中してしまいました。

楽天の経済圏のうちの1つとしての金融業、ということで専業の銀行とは姿勢が違うように感じてしまいます。


僕は貯蓄講座として使っています。

使う目的がある貯金は減らすわけにはいかないので投資に回すのは難しい、できればすぐに使える状態にしておきたいです。

ただ、普通預金は利率が低すぎて損してる気がするので、証券口座をあわせてつくって利率100倍にしています。



まとめ

時短になり、手数料関係も安いネット銀行。

サービスがインターネットを通じて行われることでスクもありますが、元々インターネットと金融業は相性がいいと言われていた分野。
これからもより安全で便利になっていくことを願っています。


ではまた

気に入ったらシェア!

ひギツネ
この記事を書いた人: ひギツネ

訪問ありがとうございます。

プロフィールの詳細についてはこちらを参照ください。

コメント0件

コメントはまだありません